So-net無料ブログ作成

静岡の春旅(1)大井川鉄道と桜 [旅情報]

4月5~6日、静岡へ地元の友人たちを訪ねて1泊2日の小旅行に出かけました。
まず5日は、夜の飲み会の前に・・・SL運転で有名な大井川鉄道へ立ち寄り、短時間乗りに行きます。
春日井駅からJR、名鉄(金山~豊橋)を乗り継ぎ、荷物預けと昼食のため一旦藤枝駅まで・・・それから金谷へ戻り、ここから大井川鉄道線に乗ります。
30年以上前からSL列車の復活運行を行っているこの私鉄は、大井川に沿って北上し上流のダムがある井川まで、実に65kmの長いローカル私鉄です。金谷から途中の千頭までは電車・SL急行の運行、千頭から終点井川までがアプト式区間(歯車式ラックレールで坂を上る)もある、小サイズの客車列車が渓谷を走る区間・・・今回は全線のうち、古いローカル電車の雰囲気を味わうため(時間的都合もあり)金谷から家山の約20kmに乗車します・・。
金谷駅の16000系
05APR-00.JPG

春らしい陽気の中、金谷駅に停車していたのが旧近鉄特急(南大阪・吉野線)の16000系・・・現在の大井川線の主力車両です。金谷から次の新金谷までは以前乗ったことがありますがその先は新たに乗る区間、平地から次第に山が迫り、大井川に寄り添うように電車は走ります。沿線には時期的に桜が方々で見られなかなかの牧歌的ムードで、電車のスピードもゆっくりした感じで何ともいい気分でしたね・・。
下車した家山は最近珍しくなった木造の駅舎・・・付近では、桜祭りが開催中(車窓からも花見風景が・・)とあって、またSLの乗客もいたりしてかなり賑わってました。30分ほど駅付近を散策し、行きと同じ旧近鉄の電車で金谷へ戻りました。
大井川鉄道といえば”動く電車博物館”と言われるようにかつての大手私鉄(京阪、南海、名鉄等)のお下がり電車が余生を過ごしていることでも知られ、今回もいろいろ古い電車を見たかったんですが残念ながら、旧近鉄16000系しか稼働中の車両を観ることが出来ませんでしたね。SL列車は時間の都合もあり、観ることこそ出来ず・・・人気が非常に高いので乗る機会は難しいですが、いつかは乗ってみたいですね・・・(続く)
家山駅舎・・桜イベントで賑わってます
05APR-05.JPG

木造上屋のホームとSL用の客車
05APR-06.JPG

上り電車が到着・・・
05APR-09.JPG

車窓から・・・新金谷駅構内に佇む旧近鉄421系(昭和30年頃の製造、名古屋線で活躍)
05APR-10.JPG

大井川鉄道HP
タグ:SL 大井川
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 2

アキーロ

>sara-papaさん、はーくさん、nice!有難うございます。
by アキーロ (2008-04-14 01:21) 

野良犬

家山も桜の名所なんですよね~。
そうそう川根といえば、サッカーネタで恐縮ですがここ家山よりさらに奥、中川根(現川根本町)出身の選手、『金澤 大将』君もよろしくお願いします。
水戸ホーリーホック戦でよろしければチェックしてください。
by 野良犬 (2008-04-27 00:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。