So-net無料ブログ作成
検索選択

一畑電車乗車記 [旅情報]

少し前に遡りますが・・・4月の出雲旅行の際に乗った島根県のローカル私鉄、一畑電気鉄道(通称:一畑電車についての記事です。
サイドバーにありますように、当ブログではローカル私鉄(旧国鉄第3セクターでない)を特に取り上げていますが、この私鉄も創業時から民営で運行されていて昨年100周年を迎えたローカル私鉄です。

旅行2日目の朝、始発の松江しんじ湖駅から普通電車に乗車【記事参照】
乗った電車は旧南海電鉄の3000系
DSCF3651.JPG

南海時代は「ズームカー」として、高野線の特急などで活躍していました。
↓川跡駅にて・・・同じ3000系の顔合わせ、左のグリーンの塗装はかつての南海時代の色を再現したものです。
DSCF3656.JPG

車内は何とも懐かしい感じ・・・左側がサイクルトレイン用の自転車運搬スペースに改装されています。
DSCF3660.JPG

ちなみに、同じ型の電車が静岡県の大井川鉄道で現役で活躍しています。
さて、一畑電車は松江しんじ湖温泉~電鉄出雲市間の「北松江線」と、支線の川跡~出雲大社前間の「大社線」の2路線、どちらも日中はほぼ1時間おきに運転されています。

創業はおよそ100年前の1911年・・・北松江線の”一畑口駅”に近い一畑薬師へのアクセス鉄道として開業
その一畑口駅(↓)は、現在はスイッチバック駅となってここで、松江しんじ湖温泉から来た電車の方向が変わります。
DSCF3653.JPG

開業当初はこの先に分岐する、一畑薬師寺の近くまでの路線があったそうでその後、戦時中に廃止されています。
一畑口駅からしばらく先の川跡(かわと)駅・・・大社線との乗換駅です。
DSCF3659.JPG

ここで大社線に乗り換えてほどなく終点の出雲大社前駅に到着。
この駅舎が、実は大正年間に建てられたモダンな洋風建築・・・屋根にはステンドグラスがあしらわれ、出雲大社参詣の玄関口としての威厳を感じさせます。
P.DSCF3681.JPG

DSCF3666.JPG

貴重な建物ゆえ、国の登録有形文化財と近代化産業遺産に指定されています。
改札口脇の造りもなかなかのセンス・・・案内所風になってますが現在は使用されていません。
DSCF3667.JPG

この駅には、映画「RAILWAYS」(中井貴一主演)に登場した古豪電車”デハニ50形”が保存されていて、お目当てでぜひ見たかったんですが・・・残念ながら駅の改装工事に伴い撤去されていました・・・。
同じく、出雲大社前駅で待機中の急行「出雲大社号」(5000系・旧京王)
DSCF3683.JPG

出雲大社に参詣の後、再びこの駅から行きと同じく旧南海3000系に乗って川跡駅まで、
ここから乗り換えて、北松江線の終点・電鉄出雲市に到着・・・こちらは高架化され近代的な造りの駅になっていて、JR出雲市駅に隣接する乗り換え駅でもあります。
DSCF3688.JPG

これで一畑電車線を1日で”完乗”しました。以前から乗りたかった山陰のローカル私鉄を堪能する事が出来、満足しましたね・・・。
nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 5

masa

2枚目の写真のグリーンの車両は見た事があります。
近代的な造りの駅もかっこいいですが古いレトロな駅が私は好きですね。
by masa (2012-06-08 20:49) 

アキーロ

>masaさん・・・グリーンの車両とは、この前行った大井川鉄道でしょうか。
こうゆうレトロな駅舎も残り少なくなっているので、出来るだけ残してほしいですね。
by アキーロ (2012-06-11 01:40) 

YOU

味のある電車ばかりで
いいなぁ~っo(^-^)o
by YOU (2012-06-11 19:46) 

アキーロ

>YOUさん…昔からある味のある電車ばかりで楽しいローカル私鉄ですが、
経営的に中古車両しか手に入らない苦しい事情もあるようです…。
by アキーロ (2012-06-14 06:44) 

クラ

 ブログ見ました。自分も出雲旅行で一畑電車利用しました。なんともノスタルジックな雰囲気のよかったです。また電車からの風景も魅力的 また乗ってみたいです。
by クラ (2015-01-21 23:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。