So-net無料ブログ作成

廃線跡をゆく・東濃鉄道笠原線(岐阜県) [ウォーキング日記]

日曜日はかねてから行ってみたかった廃線跡めぐりへ・・・ウォーキングも兼ね本格的に・・ということで、
今回は岐阜県・多治見市(今夏史上最高気温を記録したあの都市)をかつて走ってた”笠原線”の廃線跡です。
車で多治見駅近くの駐車場に停め、多治見駅より南へ・・・土岐川(陶都大橋)を渡った所の、支流の川(笠原川)の分岐点が、笠原線の跡地を利用した遊歩道「陶彩の道」の起点です。

起点には笠原線の歩みを記したモニュメントがありその横には、橋台も残ってます。

線路跡らしい感じの遊歩道が、約3.5km続いてます。

しかし・・・またも日没となり・・

↑この、遊歩道の終点で引き返すことにしました。
「陶彩の道」は自転車も通行でき、車両禁止のためこの時間でも沢山の人が散歩してました。
笠原線は、多治見駅そばの”新多治見”から”笠原”までの4.6kmの非電化線で、昭和3年笠原鉄道として開業、19年に駄知鉄道と合併し東濃鉄道笠原線となり、46年に経営難で旅客営業を廃止、その後貨物輸送のみとなり53年に廃線。笠原地区の窯業製品(タイル他)や、ディーゼルカーでの旅客輸送(S46年迄)が行われてました。
最後に、こんな発見が・・・

”東濃鉄道”社名入りの境界標です。滝呂付近の民家横にありました・・・。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。