So-net無料ブログ作成

岩瀬の町並み散策 [一緒に行きましょう・・・]

富山ライトレールの終点、岩瀬浜駅から散策へ・・・かつての港町で最近、町並み保存地区として整備された岩瀬の街道筋をめぐります・・・。
まず、観光文化施設である「岩瀬カナル会館」に寄った後、岩瀬運河を渡り町並みの中へ・・・
カナル会館前にある「ノーベル街道」の案内板・・・ここがノーベル受賞者ゆかりの地をいくつか通り抜ける、飛騨街道の起点だそうです。
DSCF2878.JPG

岩瀬運河・・・この先で富山市街まで通じる富岩運河と繋がっています。
DSCF2879.JPG

さて、岩瀬の町並みの中へ・・・まず入り口近くにあった老舗料亭「松月」
明治期の建造ですが、荘重で見事な佇まいですね・・・
DSCF2880.JPG

町並みは中世からの「北国街道」の一角で北陸道に通じる玄関口でもあります。
路面も砂利の色に似せて塗装されてます・・。
DSCF2882.JPG

古くは「北前船」の寄港地として栄え、明治期に造られた町屋作りもいくつか残っています。
廻船問屋が多く集まっていたそうで、現在は食べ物屋や銀行、ギャラリー、酒造店が軒を連ねています。
DSCF2890.JPG

その廻船問屋の一つで、国の重要文化財に指定されている「北前船廻船問屋・森家」を見学しました。
明治期に作られた貴重な木造建築です。
DSCF2884.JPG

二階建ての、大きな吹き抜けを持つ造りで多数の和室を持ち、中庭や土蔵も所有する大きさ・・・
そんな興味深い家屋を、館主さんのユニークな解説を交えながら見て回ります。
(吹き抜け・・・左上の光は明かり窓からです)
DSCF2888.JPG

(一階の大広間)
DSCF2885.JPG

(中庭・・・向いの土蔵の扉上には貴重な彫物が施されてます)
DSCF2887.JPG

海商としての富豪ぶりが窺えて、昭和期には倉敷の大原家などとの関わりもあって、
歴史の歩みも感じさせますね。

廻船問屋を後にしてからは、町並みを少し歩きましたが昼近くかなりの猛暑!・・・というわけで、
この近くの東岩瀬駅に向かい、富山駅へ向かいます・・・。



nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 7

コメント 5

sara-papa

昔の構造物には風情がありますね。
近代的なものも良いのですが、風情がねえ♪
by sara-papa (2011-07-24 18:44) 

masa

いい街並みですね。
こうして古き良きものが残されているってのは
うれしく思いますね!
by masa (2011-07-24 20:04) 

アキーロ

>sara-papaさん・・・昔の建物は不便な面もあれど、やはり現代にはない風情はありますね。

>masaさん・・・長い年月を経て残されてるのは、維持管理も難しそうですが嬉しいですね・・。
by アキーロ (2011-07-26 02:27) 

YOU

昨年富山出張であいた時間で
ライトレール乗りました!
なんちゃって鉄子なもんで(^^ゞ
岩瀬の街中を散策したかったのですが
時間がなくてとんぼ返り
こんな立派なお屋敷が見学できたのですね
富山にもう一度行きたくなりました。
by YOU (2011-07-26 09:17) 

アキーロ

>YOUさん・・・そういえばなんちゃって鉄子でしたね(笑)
自分も22年前は岩瀬浜には時間の都合でとんぼ返りでしたが、数年前町並み整備されたようですね。
観光地化されたせいで、ライトレールはかなり利用されてるようですよ・・・。
by アキーロ (2011-07-28 01:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。