So-net無料ブログ作成

出雲路の旅(3)いよいよ、出雲大社へ・・・ [一緒に行きましょう・・・]

わずか1泊2日の旅ですが、その唯一の晩飯はホテルの隣にある居酒屋にて・・・ここは地元ブランドの”大山鶏”(だいせんどり)のメニューが売りの店です。

晩酌と共に、その大山鶏の焼き鳥丼(↓写真)と、軟骨のみぞれ和えをいただきました。
120421_201816.jpg

なかなかの歯ごたえで、美味しかったですね・・・。
ホテルは松江大橋近くのビジネス系ホテル・・・実はこのホテルの部屋のユニットバスは何と、天然温泉の湯を使用!
120422_081158.jpg

無色透明で見た目、水道水のお湯と変わりませんが源泉は、近くの松江しんじ湖温泉の湯を使用しています。


さて、翌朝は・・・・天気予報が前日からの荒れた天気が意外にも、小康状態の雨天で落ち着いた感じの天気です。
サービス朝食を早々に済ませ、チェックアウトして急いで近くの”松江しんじ湖温泉駅”へ駆け足で・・・
ここから、一畑電鉄の電車で出雲大社へ向かいます・・・。
(始発の松江しんじ湖温泉駅にて)
DSCF3651.JPG

何とか8時33分発の普通電車に間に合い乗車・・・!
電車は宍道湖の北岸を、時折湖岸に沿って西へ走ります・・・。
DSCF3652.JPG

※この”一畑電車”については別の記事で詳しく書き記します。
途中、川跡駅で乗り換えおよそ1時間弱で、最寄の出雲大社前駅に到着・・。
天候はぐずついてますが、風も強くなく爽やかな空気の中、大社へ向かう参道を歩きます。
(門前街の風情・・・様々な店が軒を連ねています)
DSCF3677.JPG

そしていよいよ、大社の境内へ・・・
DSCF3674.JPG

時々雨が落ちる中、まずは参拝へ。今は「平成の大遷宮」期間中で、手前の仮本殿にて願掛け・・・
こちらの仕来りでは、他の神社と違い「二礼、四拍、一礼」が基本です。
そのあとは、今回の旅の目的でもある、ご祈祷を受けにまいります。本来行う仮本殿が行事にて使用中だったため、隣接する神楽殿で行います。
およそ一時間余・・・正座が続いたので足が痺れ一瞬立てなくなるほどでしたが(^^;)
無事、一通りの祈願を終えましたね・・・。

宝物殿(有料)にて、所蔵品を見学し名残惜しい中、境内を後にしました・・・。
時間もお昼近くと言う事で、近くの蕎麦店で名物の”出雲そば”を味わいます。
ざる、もりなど色々種類はありますがその中から、出雲そばの一般的な盛り方である
「割子そば」をいただく事に・・・
120422_122918.jpg

三枚重ねで、上から一枚ずつつゆと薬味をかけ最後に蕎麦湯を頂く独特の食べ方・・・麺が、手打ちだけに実に腰があって美味でしたね・・・。
この後は、再び出雲大社前駅へ戻り帰路へ・・・お土産も買い手持ちが増えたところで、電車を乗り継ぎ出雲市駅へ。ほどなく、出雲路に別れを告げ特急で岡山に向かいました・・・。
(参道沿いで見つけた御祭神の”大国主大神”像)
DSCF3679.JPG


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 8

コメント 2

スミッチ

山鶏の焼き鳥丼、美味しそうですね
「割子そば」、独特の食べ方で食べてみたいですね
by スミッチ (2012-05-13 22:39) 

アキーロ

>スミッチさん・・・この食べ方はおそらく他の地方には無いでしょう・・・。
ひつまぶしに似た感じがありますね。
by アキーロ (2012-05-17 00:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。