So-net無料ブログ作成

アキーロの音楽玉手箱(4)COZY/山下達郎 [音楽]

僕の山下達郎のCDコレクションの中でも、もう一つお気に入りなのが、98年発売の「COZY」です。
前回紹介した「ARTISAN」から7年後、シングル盤もコンスタントにヒットするようになってJポップの重鎮としての存在感がグッと高まった頃の作品です。
全15曲、キリンの長野五輪CMテーマ曲だった「へロン」、同じくCMソングでシングルにもなった「夏のコラージュ」「MAGIC TOUCH」、NHKの朝ドラ「ひまわり」(96年、松嶋菜々子主演)の主題歌「DREAMING GIRL」、MELISSA MANCHESTERとのデュエット「STAND IN THE LIGHT-愛の灯-」・・・等々の曲が収録されてます。
個人的には「DONUT SONG」(ミスタードーナツのCM曲、ちなみに舞台は今は無き渋谷・宮下公園前の店)、寂しい曲調の「セールスマンズ・ロンリネス」が気に入ってますね。
ジャケットは当時話題になった、達郎本人モデルのフィギュアの写真、ブックレットの中にも様々なパターンのフィギュアが登場して、温かなイメージを醸し出しています。



COZY

COZY

  • アーティスト: 山下達郎,メリサ・マンチェスター,松本隆,ALAN O’DAY,弾厚作
  • 出版社/メーカー: ダブリューイーエー・ジャパン
  • 発売日: 1998/08/26
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アキーロの音楽玉手箱(3)ARTISAN/山下達郎 [音楽]

先の大滝詠一に続いて僕の信奉するアーティスト・山下達郎の「ARTISAN」を紹介します。
1991年に発売(初版)・・・’75年にデビューしてから軽快なポップ・ロックを世に展開し'80年「RIDE ON TIME」のヒットでブレイク、Jポップ界のトップアーティストに君臨し今に至るのは、ご存知と思いますが・・・何といっても彼の音作りの幅広さというか、さまざまなタイプの曲を産み出す魅力に自分としては、惹かれていますね・・。
そんな中、円熟期に入ったと言ってもいい頃のこの「ARTISAN」・・・タイトルは”職人”という意味だそうですが、まさにポップ界の”職人”でもある彼の、最も魅力の詰ったアルバムです。僕はよく、カーステレオで・・・しかも”昼間の田舎道”を走る時に必ずと言っていいほど、聴いていますね・・。
全11曲、トップの「アトムの子」は何かワクワクさせるようなノリの良さ・・・田舎道を飛ばすにはピッタリ(笑)、以前CMで流れていた「さよなら夏の日」「ターナーの汽缶車」、切ない曲調の「Endless Game」(この中でお気に入り)等々・・・ヤマタツの魅力を知るにはもってこいの、アルバムですね・・。


ARTISAN

ARTISAN

  • アーティスト: 山下達郎
  • 出版社/メーカー: ダブリューイーエー・ジャパン
  • 発売日: 1999/06/02
  • メディア: CD



タグ:山下達郎
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アキーロの音楽玉手箱(2)B-EACH TIME L-ONG/大滝詠一(2) [音楽]

お気に入りアーティスト・大滝詠一の2回目は「A LONG VACATION」の4年後、ナイアガラレーベルでのまさに円熟期にあたる頃の作品「B-EACH TIME L-ONG」(ビーチタイムロング)です。実はこのアルバム、大滝作品では僕が最初に手に入れた作品です。
当時(86年)社員寮生活をしていた時に、同部屋の先輩が聴いていたのを耳にしたのがきっかけで、すっかり気に入ってレコード店(懐かしい響き!?)でミュージックテープ(!)を買いましたね・・。
この前に発売された「NIAGARA SONG BOOK」がインストゥルメンタルのアルバムで、そこで使われていたストリングスがこの「B-EATH...」でも使われていますが、全12曲中「夢で逢えたら」を除く11曲の前奏でこのストリングスが使われてます。
基本的に「A LONG...」と82年発売の「ナイアガラトライアングルvol.2」、84年発売の「EACH TIME」の中からピックアップ、これに稲垣潤一の」カバーで知られる「Bachelor Girl」を加え、”夏”に相応しいイメージのアルバムとなってます。
個人的に、ストリングスの前奏でいい感じと思うのが「夏のペーパーバック」「白い港」「Water Color」の3曲、シチュエーション的には海の見える道のドライブ、あるいは海に近い路線か、夏の昼下がりの車窓を眺めながらの電車で聴くと・・・乙な気分に浸れますね・・。


B‐EACH TIME L‐ONG

B‐EACH TIME L‐ONG

  • アーティスト: 大滝詠一
  • 出版社/メーカー: ソニーレコード
  • 発売日: 1991/03/21
  • メディア: CD



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アキーロの音楽玉手箱(1)A LONG VACATION/大滝詠一 [音楽]

今回からまたまたシリーズものとして、自分の好きな音楽(アーティスト)について語るコーナーを始めたいと思います。
題して「アキーロの音楽玉手箱」・・・1回目からしばらくは”大滝詠一”です。
”大瀧”と表記されてもいますがこの当て字は、”はっぴいえんど”時代からソロ活動時(主にプロデューサー等)の際で、彼が'74年に立ち上げたナイアガラレーベルのクレジットでは”大滝”となっています。
はっぴいえんどは、'70年に結成された伝説のバンド・・・大瀧の他に細野晴臣、松本隆、鈴木茂がいて、音楽界では”和製ロック”のはしりと言われてますね・・。'72年末に解散後はCMソングなどの製作に取り組むなど、福生(西多摩)にスタジオを設けて精力的にアレンジメント活動を展開し、その後「ナイアガラムーン」など、一連の”ナイアガラレーベル”作品を次々発表していきました・・。
今回取り上げた「A LONG VACATION」もナイアガラレーベルですが、発表された´81年まではコミックソングっぽい作品が主流だったのが、このアルバムからは音作りに傾倒し、心地よいサウンドを奏でています。永井博が描いたジャケットのイラストも相まってリゾート気分をも味わえますね。
僕が大滝詠一を気に入っているのも、そんなサウンドの虜になってるからで、このアルバムの3曲目「カナリア諸島にて」7曲目「スピーチバルーン」ラストの「さらばシベリア鉄道」の3曲は聴き心地の点で気に入ってます。
実はこのアルバムは、発売元のCBSソニーが初めて“CD”で発売したアルバム群の中の一枚で、メモリアルな作品だったんですね…。

A LONG VACATION

A LONG VACATION

  • アーティスト: 大滝詠一,松本隆,大瀧詠一
  • 出版社/メーカー: ソニーレコード
  • 発売日: 1991/03/21
  • メディア: CD



タグ:大瀧詠一
nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。